がんと生きているAYA世代の未来のために AYA Life-あやライフ-知ってほしい、あなたのこと、病気のこと
Menu
監修:国立がん研究センター中央病院
清水 研 先生

AYA世代のがん患者さんへ~心の負担を軽くするためのアドバイス~

国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科 清水 研 先生 国立がん研究センター
中央病院
精神腫瘍科
清水 研 先生
今、あなたの心の中には、たくさんの不安や悩みが詰まっていると思います。がんという病気や治療のことだけでなく、学校や仕事、お金、将来のことなど、心の中にたくさんの不安や悩みを抱え込んでいませんか? 「どうせ話してもわかってもらえない」「相談なんてカッコ悪い」と思っていませんか?

病気と精一杯向き合うあなたが、誰かに相談したり頼ったりすることは、決してカッコ悪いことでも、甘えでもありません。あなたの心の負担を少しでも軽くするために、お手伝い をできることはたくさんあります。そのために、私たち医療スタッフ、そして、あなたのご家族や友人たちがいるのです。みんな全力であなたをサポートします。

誰でもいい、いちばん話しやすい人に話してみてください。
きっと、今より心が軽くなるはずです。

どこに(誰に)相談したらいいかわからないときは

例えば、学校や仕事のこと、お金のことなど、病気や治療以外の生活にまつわることは、「誰に相談すればいいの?」と思うこともあるでしょう。そういうときのために、多くの病院には「医療相談室」や「がん相談支援センター」という相談窓口があり、がんについて詳しい看護師や、ソーシャルワーカーという、患者さんやそのご家族の相談を受ける専門職の人がいます。
ソーシャルワーカーは、患者さんやそのご家族が抱えるさまざまな問題の相談にのり、解決のためのアドバイスをしたり、利用できる制度や施設を紹介したりします。どこに相談したらいいかわからない場合は、まずソーシャルワーカーに相談してみることをおすすめします。
また、同じ病気を体験した人たちが悩みを共有したり、相談したりできる場として「患者会」があります。AYA世代を対象とした患者会もあるため、お問い合わせの上、交流会やイベントに参加してみるといいでしょう。 関連リンク若年性がん患者団体 STAND UP!!
コラムトップへ戻る

仕事や学校についての悩み

治療と仕事・学校との両立についての悩みなどは、職場の上司や学校の先生に相談できればベターです。 それが難しい場合や、就労についての相談は、がん相談支援センターなどのソーシャルワーカーに相談するといいでしょう。病院によっては、社会保険労務士などと連携して相談に応じているところもあります。 また、国立がん研究センターがん対策情報センターのサイト「がん情報サービス」など、がんと仕事についての情報を掲載しているサイトもあるので、参考にするといいでしょう。 関連ファイルがん情報サービス「がんの冊子 がんと仕事のQ&A(第2版)」Web版
コラムトップへ戻る

治療費や生活費などお金についての悩み

がんと診断されても、決して早まって仕事を辞めたりせず、まずは働き方について会社の産業医などに相談するといいでしょう。 がんの告知を受けて、十分に考える余裕がないうちに仕事を辞めてしまう人も少なくなく、退職・求職などで収入が減ってしまう一方で、治療費や治療以外の出費(通院のための交通費、ウィッグなど)がかさむなど、経済的な問題を抱える人も多くいます。 また、AYA世代でも、特に社会人の患者さんは、両親から援助してもらうことをためらう気持ちも大きいようです。ソーシャルワーカーは経済的な問題についての相談も受けており、活用できる制度の紹介や、対策についてのアドバイスのほか、医療費については傷病手当金などの医療費助成制度もあるため、まずは、活用できる制度や援助がないか相談してみるといいでしょう。
コラムトップへ戻る

外見の変化についての悩み

脱毛や皮膚の色の変化、手術の傷跡など、がんの治療により外見に変化が起こることがあります。多くは、時間が経つにつれ少しずつ戻り、目立たなくなってきますが、「人の目が気になる」「学校に行きたくない」と考える人も多いようです。気になることがある場合、まずは、身近で話しやすい看護師などに相談してみましょう。ウィッグや下着の購入、メイクの工夫など、アドバイスをしてくれることも多いようです。一部の病院では、アピアランス(外見)ケアとして、専門外来などを設けてサポートをおこなっているところもあります。 関連リンク国立がん研究センター中央病院 アピアランス支援センター
コラムトップへ戻る

妊よう性(子どもをつくる能力)についての悩み

がんの治療により、妊よう性(子どもをつくる能力)が失われることがあります。妊よう性が失われるリスクや、そのための対策については主治医が説明しますが、希望すれば、治療前に精子や卵子を採取して保存しておくことも可能です。妊よう性について相談したい場合、まずは主治医に相談してみましょう。必要と考えられる施設や相談窓口などに橋渡ししてもらえるはずです。自分で調べたい、相談したいという場合には、厚生労働省の研究班による妊よう性に関する情報サイトなどのほか、妊よう性についての相談窓口を設置している医療機関もあります。 関連リンク特定非営利法人 日本がん・生殖医療学会 がん治療と妊娠
コラムトップへ戻る

AYA世代のがん患者さんを支えるご家族の悩み

「家族は第二の患者」と言われるほど、がん患者さんのご家族も大きな不安や悩みを抱えています。思春期とも重なるAYA世代のがん患者さんは、ご家族に不安を打ち明けないことも多く、そばで支えるご家族が、「もっと弱音を吐いていいのに」「どう支えたらいいのか」と悩むこともあるようです。難しいかもしれませんが、「不安や悩みがあればいつでも相談にのるよ」というメッセージを発信しつつ、あまり過剰に心配しすぎたり、無理に話させたりせず、温かく見守ることが理想です。
がん相談支援センターや精神腫瘍科などでは、ご家族の相談も受けています。ご本人をしっかり支えるためにも、不安や悩みがある場合にはご家族もソーシャルワーカーや医師、カウンセラーに相談したり、カウンセリングを受けたりすることをおすすめします。
コラムトップへ戻る
監修:国立がん研究センター中央病院
清水 研 先生