Q1結婚したい相手には、いつどのように病気のことを伝えればいいでしょうか?

A伝えられるときに、伝えられる範囲で。

明確な答えや決まりはありませんから、自分の中で伝えようと思えるときに伝えられる範囲でよいと思います。パートナーが詳しく説明を聞きたいのであれば、一緒に主治医から説明を受けることも一つの方法かもしれません。

答えた人
国立がん研究センター中央病院 相談支援センター 宮田 佳代子さん

体験者エピソード

小磯 朋子さん

恋愛に臆病になっていましたが、周囲の人のおかげで一歩を踏み出すことができました

【小磯 朋子さん(32歳)発症・告知24歳/子宮頸がん】

私は今まで、病気のことで恋愛に対してとても臆病になっていました。普通の女の子とは違う…。そう自分で決めつけていました。病気があること、子どもが産めないこと、体が弱いこと、色々な事を話さなければいけない。そのハードルが高すぎて恋愛する気持ちにはなかなかなれず、「一人での人生でもいいや」とあきらめていました。

しかし、知人の紹介で今の彼と出会いました。私の病気のことをよく知っている方が間に入ってくださったおかげで、自分からでなく周りからなんとなく私ががんを患っていることを彼に伝えてくれました。そのため、自分から伝えるというハードルを周りが下げてくれました。この環境をつくってくれたことは、私にとって大きな一歩を踏み出す勇気になりました。それがなかったら、自分から病気を伝えて、病気があるのはちょっと…と断られてしまったとき、「そんな現実を受け入れられない」、「自分は傷つきたくない」と、そう思ってしまいます。

今まで恋愛から遠ざかっていたのも、そんな気持ちを体験したくなかったからだと思います。私は周りのサポートがあってこそ、その一歩を踏み出すことができました。そして、事前に自分の病気の事を知ってくれていたので、話をした時も驚いてはいましたが受け入れてくれたのかもしれません。

今は、二人の人生を前向きに考えてくれています。

関連記事 小磯 朋子さんの体験談

宮部 治恵さん

「子どもを産めない」ということがあったので出会ってすぐに伝え、すべてを理解してくれた今の夫と結婚

【宮部 治恵さん(48歳)発症・告知34歳/子宮頸がん、直腸がん】

子どもを産めないということをすごく気にしていたので、こんな私を嫁にもらってくれる人なんかいるはずがないと思っていました。だから、彼と出会ってすぐに、がんのことはちゃんと話しておかなければと思って、すべて話しました。

でも、意外にも「だから何?」という普通の反応で、「俺もいつ(病気に)なるか分からない」と言われて、びっくりしました。彼のご両親にも、私は子どもを産めないということをちゃんと伝えたら、「あなたが元気なら、子どもなんてよかよ」と言ってくれました。涙が止まらなかったことを覚えています。そして結婚を決意しました。

関連記事 宮部 治恵さんの体験談

  • 監修:国立がん研究センター中央病院 清水 研 先生