お知らせ

はじめに

若いからこその悩みや不安に、AYA世代はどう向き合っていますか?

みなさんは「AYA(あや)世代」という言葉を聞いたことがありますか?
AYAとは、「Adolescent and Young Adult(思春期や若年成人)」の略で、一般的に15歳から39歳ぐらいまでの年齢層の人を指しています。
AYA世代は、学業、就職、恋愛、結婚、出産など、様々なライフイベントが集中する時期です。同世代の人たちが学校生活や就職活動に励み、恋愛や友人との付き合いを楽しむ中、「がん」という病気をかかえ、将来に対する不安や孤独を感じている人も少なくありません。

AYA世代のがん患者さんの想いと現状

AYA世代のがん患者さんには、周囲の方を悲しませたくない、心配をかけたくない、自分の弱さを見られたくないという思いから、ひとりで悩みや不安を抱え込んでしまう方が多く、治療以外のことを誰に相談して良いかわからず、解決できずにいる方も多くいます。

AYA Lifeの目的

このサイト「AYA Life」には、AYA世代のがん患者さんと、周囲にいるみなさんが抱える、がんに関わる不安やとまどい、怒り、ストレスなど、「モヤモヤ」「ざわざわ」した気持ちを少しでも軽減できる場所になればという思いを込めています。
AYA世代でがんになった方の体験談や、用語集、そして患者さんと一緒にがんと闘う医師からのアドバイスを掲載しています。

誰かに、話したくなったとき。前を向くのが怖くなったとき。
このサイトのことを思い出してもらえれば幸いです。

AYA世代のがん患者さんの体験談

AYA世代のがん患者さんに、実際の不安や悩みと、それらを乗り越えてきた今の想いを語っていただきました。

AYA世代のがん患者さんの悩み

3人の専門家が、AYA世代のがん患者さんと周囲にいるみなさんのさまざまな不安や悩みについて考えました。
Q&A形式で、心が軽くなるためのヒントやAYA世代のがん患者さんの実際のエピソードを紹介しています。

AYA世代のQ&A

関連映像紹介

中外オンコロジー「患者と向合う医療者」篇

中外オンコロジー「患者と向合う医療者」篇

働きながらがん治療を受けている患者さんが主治医に宛てた手紙をモチーフとしたストーリーです。がんと共に生きる患者さんのために、医療現場では様々な職種のスタッフが連携しています。患者さんが希望を持ってがんと立ち向かうために、私たち製薬会社も同じ気持ちで働いています。